犬に食べさせてはいけない!

カラダが小さいワンちゃんは、食べすぎると健康によくありません。特に人間と同じものを食べさせるときは注意しましょう。

味の濃いものは病気のもとに。

塩、しょうゆ、ソース、砂糖、油・・・私たちが美味しいと感じる味付けは濃すぎます。糖尿病や脂肪肝になってしまったらかわいそう! もしあげるときは思いっきり「薄味」にしましょう。

香味野菜はぜったいダメ!

ワンちゃんに、ネギ、ニラ、シソ、ミョウガ、ニンニク、ラッキョウなどの香味野菜をあげてはいけません。溶血性貧血になるおそれがあり、下痢、嘔吐、黄疸などを起こすことがあります。たとえばハンバーグの中にはタマネギが入っていることもお忘れなく。

刺激物や添加物もあげないで!

これらの辛いもの、刺激の強いものも食べさせないでください。カフェインやタンニンを含むコーヒーやお茶も。こどもたちが犬にチョコレートをあげちゃった!というのもいけません。 人工甘味料やうまみ調味料なども、舐めない所に置いてください。

串焼き・焼き鳥は危険がいっぱい!

戸外での楽しいバーベキュー。にぎやかに食事していると、うれしそうにします。ただし、こんなときは串にささったものをそのまま食べさせないようにしましょう。ワンちゃんはニオイで食べ物を判別しますので、ニオイのしみついた串まで飲み込んでしまいます。あげるときは食べ物を串から抜いてあげてね!

お部屋には食べてはいけないものがいっぱい!

お部屋を見回してみてください。タバコが放り出してありませんか。化粧品や薬が置いてないでしょうか。好奇心いっぱいのワンちゃんが食べたり舐めたりしたら大変なことになります。お部屋はいつも片付けるようにしましょう。

小型犬の飼い方ガイド:バックナンバー