毎日健康をチェックして!

大切な子の健康を守るためには、まず普段からの観察力がポイント。元気なときの状態をしっかり覚えてあげてください。

ワンちゃんはけなげで、とてもがまん強いですね。
しかも言葉で気持ちを伝えることが出来ません。
だからこそあなたが小さな変化を感じ取ってあげてください。毎日のチェックで病気やケガのとき早く対処できるようにしましょう。

でも、どこを見ておけばいいの?という人のために、ここを見ておけばワンちゃんもだいじょうぶというポイントをいくつかご紹介しますね。

ウンチとオシッコをきちんと見る

ウンチは1日の回数、色、ニオイ、硬軟などをチェック。下痢気味なら消化のよい食事で様子をみます。オシッコも色とニオイに注意。血便、血尿、寄生虫などを発見したら、すぐ獣医さんに連れて行きます。

食欲があるかどうか

ワンちゃんは食べるのが大好き。もしいつもより食欲がないようなら要注意です。体調が悪かったり、何かを誤飲していたり、歯を傷めていたり、いろいろなケースが考えられます。口の中も観察してみてください。食欲が戻らないようなら早めに獣医さんへ。

目、鼻、耳は異常ありませんか

ワンちゃんの目はいつもキラキラ。涙目、充血、目ヤニなどがあるときは、ゴミや眼病の可能性があります。また目のまわりが汚れてしまうほどなら涙腺に異常かも。黒目が白くなったら白内障を疑いましょう。

鼻はいい感じに濡れて、しっとりしているのが健康な状態。乾いてひび割れが出来たり、鼻水が出たりしていたら、体温を測ってみましょう。健康なときと違うようなら獣医さんに診てもらいます。

耳も1週間に1回くらい見てあげましょう。特にタレ耳の子は不潔になりやすいので、お掃除をしっかり。耳からニオイがする、耳ダレがある、耳アカが汚い、そんなときは病気やダニの疑いもあるので診察を受けましょう。

毛ヅヤも大切なサイン

ブラッシングやトリミングをきちんとしているのに、毛ヅヤが悪くなってしまった・・・これも病気の可能性あり。カラダをかゆそうに舐めていませんか? だとしたら皮膚病やホルモン異常かもしれません。
これらのチェックを毎日、無意識のうちに行えるようになれば、あなたはもう立派なご主人さまですよ!

もしも、不安なときは、PetCのお悩み相談掲示板で聞いてみて!

小型犬の飼い方ガイド:バックナンバー