ブラジルから来た少年

ブラジルから来た少年

アメリカ・イギリス 1978年
監督 フランクリン・J・シャフナー
主演 ローレンス・オリヴィエ グレゴリー・ペック
ジェームズ・メイソン リリー・パルマー

人間の味方は誰?

ペットになる動物はたくさんいます。猫・鳥・金魚…そして、犬!しかし、ご主人様を守ってくれるペットはあまりいません。でも、犬だけは例外。

犬は、大好きなご主人様の為なら命をかける事もできるのです。

正義の為に命を失った男

南米・パラグアイ。アメリカ青年・コーラーは、ある組織の動向を探っていました。それは、ナチス・ドイツの残党達。
第二次世界大戦中、ヨーロッパ大陸でユダヤ人達の殺戮(さつりく)したヒットラー率いるナチス・ドイツ。だが、ヒットラー周辺の高官達はナチス・ドイツが 敗北するとわかると世界中に逃げ出し身を隠します。そのメンバーはやがて組織を作りナチス・ドイツの復活を目論んでいるのです。そのナチスの残党達を彼は 探っていたのです。

やがて、あるナチス元高官の屋敷でメンバーが集まり、会議をする事を知ります。彼は、屋敷で働く少年に隠しマイ クを取り付けさせ会議を盗聴。するとその会議には、ナチス残党の大物・メンゲレが現れます。彼は、強制収容所でユダヤ人達に残酷な実験をした事で有名な男 でした。その会議でメンゲレが命令した事は「世界中にいる65才の男を94人殺せ」というもの。理不尽な命令にメンバーは理由を聞きますが、メンゲレは質 問は許しません。上からの命令は絶対なのです。ところが、会議の途中盗聴がばれ、会議は中止。コーラーは急いで逃げ出しある男に連絡します。

正義に命をかける男

名前はリーベルマン。ユダヤ人の残党を捜し当てるのに人生をかけている男です。実は、コーラーはリーベルマンの影響で残党達を探す事をはじめたのです。電 話を受けたリーベルマンは、最初その命令の意味がわかりません。しかし、電話の向こうでコーラーが殺された事を察すると、その意味を探る事を始めます。通 信社の友人から「世界中にいる65才の男」の死の記事を集め、亡くなった男の家を訪ねるうちにリーベルマンはある恐ろしい事実に遭遇。そして、メンゲレの おぞましい計画を知ります…。

忠誠心に命をかける犬

ドーベルマン犬は犬の中でも最強。それに忠誠心もバツグンで頭がとてもよい犬です。そして、誰が一番悪いかもわかります。だからこそ、人間の強い味方になれるのです。

BACK NUMBER