ボックス!

きつねと猟犬

アメリカ 1981年
監督 テッド・バーマン リチャード・リッチ アート・スティーブンス
声の出演(吹替)キース・ミッチェル(田村貴彦)
ミッキー・ルーニー(池水通洋)コリー・フェルドマン(林泰文)
カート・ラッセル(石田太郎)

あなたは友達はいますか?

お互いが友情を感じて離れがたい友達っていますか?また、動物の間にも友情はあるのでしょうか?
ましてや、きつねと猟犬という追うものと追われるものの間でも成立するのでしょうか?

小さな猟犬と小さなきつね

とある静かな森。母ぎつねが生まれたばかりの子ぎつねを連れて猟師から逃げていました。追手はしつこく危険を感 じた母ぎつねは、子ぎつねを安全そうな小さな家の前に置いて狩人の目を引きつけながら逃げだします。しかし、その後から無情な銃声が…。子ぎつねはひとり ぼっちになってしまいます。

小さな家の主人・やさしいトゥイード夫人は、ミミズクのビック・ママの計らいで見つけた子ぎつねを育てる事を決心し、トッドと名付けかわいがります。
さて同じ頃、夫人の家の隣には猟師のエイモスがベテラン猟犬・チーフと暮らしています。彼が少々お疲れぎみのチーフの同僚として連れて来たのが小犬のコッパー。最初、チーフは小さな同僚を邪険にしますがやがてなかよく暮らす事に。

いつまでも友達ではいられない?

しばらくしてトッドはある日、隣に住むコッパーと出会います。出会ったとたん、トッドとコッパーは意気投合。追いかけごっこし、一緒に川で遊び楽しくて仕 方ありません。そんなある日、いたずら者のトッドはコッパーが止めるのも聞かずベテラン猟犬・チーフにいたずらをし、怒ったチーフとエイモスに追いかけら れます。おかげでエイモスにトッドが来るのはニワトリが目当てと勘違いされ、そのままコッパーは猟犬になる為に猟の旅に出発します。ミミズクのビック・マ マはトッドに、「あなたはきつね・コッパーは猟犬。用心しなさい」っと注意しますが、トッドはコッパーとの友情を信じます…。

二匹の生き方は違うけれど…

立派な猟犬になったコッパーと大人になったトッド。コッパーは猟をするのが大好きになり、トッドは森に住むのが一番です。

でも、かくれんぼした事、一緒に川で遊んだ思い出は猟犬のコッパーもきつねのトッドも忘れません。

トッドとコッパーは親友同士、やっぱり二人の友情は永遠だと思うのです。

BACK NUMBER