13
May

知っておこう!猫の病気~高齢猫のうんちトラブル~

2013.05.13 TOTAL ACCESS:274

知っておこう!猫の病気~高齢猫のうんちトラブル~

高齢の猫に非常に多い症状がうんちのトラブルです。便秘で数日でないことや、反対に軟便が続いてしまうこともあります。

高齢猫は便秘などの消化管の疾患も多い

原因はさまざまですが、ひとつ共通しているのが老齢にともなう消化管の機能的な低下により、軟便と下痢という正反対の症状を引き起こすと考えられます。
高齢猫が腎臓を患うことは一般的ですが、それと同様に非常に多い疾患が消化管の疾病です。

予防には十分な水分と適度な運動を

これらを予防するためには、普段から十分に水分を摂らせ、適度な運動を欠かさないようにしましょう。補助的に乳酸菌のサプリメントなどを利用しても良いでしょう。
いずれにしても、あたりまえですが猫の行動や食欲、排泄物の状態を毎日よく観察することが大切です。
そして少しでも「いつもと違うな?」と感じたらすぐにかかりつけの動物病院に相談してください。
もしかかりつけの病院がまだないようでしたら、老齢の猫には何らかの病気が起こる可能性が非常に高いため、健康診断がてら相性の良い病院を探してあげましょう。

関連リンク

最新の記事