06
August

犬のデイリーケア 耳編

2013.08.06 TOTAL ACCESS:39

犬のデイリーケア 耳編

犬の場合耳の形状にもよりますが、定期的な耳掃除をしないと外耳炎などのトラブルになってしまうことがあります。

定期的なケアが必要

もちろん汚れがまったくない場合は問題ありませんが、垂れ耳や長毛種、耳の中に毛が多く生えている場合も定期的なケアが必要になります。

日々の耳掃除のポイント

・できるだけお風呂場など汚れても良い場所で行う事をおすすめします。

・まずは耳の中のチェックをしましょう。汚れが自分で掃除できる程度の汚れであるか、炎症やニオイがないかも大切なポイントです。少しでも赤みや炎症がある場合はすぐに動物病院へ行きましょう。

・無理に面棒などを使って奥まで掃除しないでください。汚れが奥に入り込んでしまう、炎症の原因になりかねません。

耳掃除の仕方

① 伸びた毛は手で引っ張って抜いてあげましょう。
通気性を良くし、蒸れを防ぎましょう。
嫌がる場合は無理に行わず、動物病院やトリミングサロンにお願いしましょう。

② ペット専用のイヤークリーナーを適量直接耳の中に垂らします。
耳の付け根(耳道)の辺りを外側から揉みこみ、汚れを浮かせます。

③ 犬に頭を振らせ、耳垢をイヤークリーナをごと出させます。
耳に「フーフー」と息をかけるとすぐに頭を振ってくれます。

④ 耳の中を確認し、奥から出た耳垢などが入り口付近に残っていないか確認します。
残っている場合はコットンなどで優しく拭き取ります。

関連リンク

最新の記事