20
October

わが子もなりたい!ペットモデルのお仕事

2011.10.20 TOTAL ACCESS:63

わが子もなりたい!ペットモデルのお仕事

動物・ペットにまつわるお仕事発見! 第6回:ペットモデル編。
テレビで活躍するペットモデルの人気は高まる一方。動物が登場するCMも注目を集めています。一方で人気ペットのDVDも発売されるなど、市場自体も拡大しています。このため「うちのペットをドラマや映画に出演させたい!」と熱望する飼い主さんも多いようですが、実際にどうすればペットモデルになれるのでしょうか?今回は、モデル犬の飼い主さんに、お仕事の楽しさや日頃の心がけ等をうかがってみました。

どんな仕事なのか

テレビ番組や映画 CMの出演、ポスターや雑誌モデルのほか、イベントに出演するなど、幅広い活躍の場があります。

主に扱う動物の種類

ペットモデルは、犬・猫が大半を占めています。鳥・ハムスターなどのモデル登録できるところもあるようです。

資格取得期間や費用

登録制をとっています。
弊社で開催するドッグオーディションに参加(無料)していただき、規定の審査をします。みごと審査に合格して登録費用をお支払いいただいたワンちゃんが登録可能となります。
登録費用:入会金¥7,350 会費¥1,575(月額)

どんな人に向いているか

人:犬との信頼関係のできた飼い主。大型犬の場合、基本的に車移動のため運転のできる人。小型犬の場合も、電車等での移動が負担なくできる人。
犬:「待て」「おすわり」などの基本命令が守れる。あまり吠えない。社会性があり、冷静で感情の安定しているタイプ。飼い主が離れていても、じっと待てるワンちゃんは撮影向きです。

従事する上でのポイント

急な仕事にも対応できるよう、常に健康管理。顔周りは特に注意を払い、虫さされ等に気をつけます。足周りの毛はマメにカットするなど、いつもきれいな状態を心がけ、仕事前にはシャンプーを。
日頃から、どんな性格かを観察しておくだけでなく、お気に入りのおもちゃやおやつなど(手のひらに隠れるサイズのもの)を把握しておきます。撮影時に使うためです。

1日のスケジュール

登録事務所から撮影依頼のfaxが入る(日時・場所・どんな撮影か・服装等が記載)→撮影当日 車で移動(時間厳守)→撮影(半日かかる場合もある)

その他・メッセージなど

モデル犬の仕事は、飼い主さんと愛犬の二人三脚です。例えば監督さんから「目線をここに」と言われた時、飼い主さんは、おやつやおもちゃを使って、愛犬が目線を作れるよう考えなくてはなりません。その分、やりがいもあります。
また、現場スタッフの皆さんに可愛がってもらったり、芸能人の方々と犬の話題で話が弾むことも。有名な俳優さんから「一緒に写真を…」と言われて、そのかたのブログに登場したこともあります。普段では、なかなか体験できない楽しさがあります。
さらに「今度はいつTVに出るの?」と聞かれたり、子ども達が「だいちゃんだ~!」と集まってきてくれたりと、ご近所の輪が広がり嬉しいですよ。

株式会社ホリプロ・インプルーブメント・アソシエーション アイドルドッグクラブ所属
古美門(こみかど)だいすけくんの飼い主・古美門由香さん

モデル犬紹介
おとなしく遠慮がちな性格。ファミリーマートCMや、映画(「イエスタディズ」)のほか、ドラマ「風のガーデン」「世にも奇妙な物語」、雑誌Benesse「いぬのきもち」など幅広く活躍中。

協力施設:株式会社ホリプロ・インプルーブメント・アソシエーション内アイドルドッグクラブ事務局

関連リンク

最新の記事