スコティッシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールド

英語表記:Scottish Fold

短毛種と長毛種がいて、毛はとても柔らかな手触りです。短毛種は神経質な性格が多かったようですが、最近は性格がやさしくなってきたようです。全体的にお茶目で愛嬌があり、とても扱いやすい種類です。やさしくて温和な性格が特徴です。

  • 特徴・歴史
  • 写真
  • Q&A

身体的特徴

体重 5-8kg
原産国 イギリス
毛種 短毛種
毛色 全ての色(ブラック、チョコレート、シナモン、レッド、ブルー、ライラック、フォーン、クリーム、ホワイト)
目色 被毛の色に準じます
ボディタイプ セミコビー

ライフスタイル(5段階評価)

初心者適性値
一人暮らし
集合住宅
子供適性値
活発度
鳴き声の大きさ
運動
しつけ
手入れのし易さ

歴史・起源

1951年、スコットランドの農場で発見された耳が折れた猫がルーツだと言われています。名前のフォールドは折り曲げるという意味で、たれ耳から取られていますが、たれ耳のまま生まれてくるわけではなく、生後2週間程で、だんだんとたれてきて特徴的なたれ耳になります。丸い顔と大きな目も特徴の一つでたれ耳を引き立てます。

日常の世話

活発な運動は必要としません。一日1回程度のブラッシングで、被毛を美しく保つことができます。性格が温和なので他品種の猫とうまく暮らしていくことができる猫種です。

気をつけたい病気

関節疾患、尿路結石、外耳炎

スコティッシュ・フォールド:特徴・歴史 写真 お悩みQ&A
図鑑トップ猫図鑑犬図鑑