ミニチュア・ダックス・フンド

ミニチュア・ダックス・フンド

英語表記:Dachshund

家族思いの温かい性格の犬種です。状況を判断する賢さや、飼い主とのコミュニケーション能力が優れているため飼いやすさも抜群です。愛玩犬として現在は国内で一番多い頭数が飼われていますが、そのような従順で賢い犬となる基本は飼い主のしつけが大切なことは言うまでもありません。

  • 特徴・歴史
  • 写真
  • Q&A

身体的特徴

大きさ分類 小型犬
体長 オス/21-27cm メス/21-27cm
体重 オス/4kg メス/4kg
グループ 愛玩犬
原産国 ドイツ
毛質 つやのある短毛のスムース、滑らかな長い毛が特徴のロングヘアー、太く硬い毛が特徴のワイヤーヘアーの3タイプ
毛色 赤、黒&黄褐色 
耳の形状 垂れ耳
尾の形状 垂れ尾

ライフスタイル(5段階評価)

初心者適性値
集合住宅
留守番
子供適性値
高齢者
しつけ訓練
スポーツ
警護
レア度
吠える
手入れ
におい
抜け毛
飼育スペース

歴史・起源

小動物の狩りにスタンダード・ダックスフンドが活躍していたところ、これを更に小型化して、さらに小型の動物の巣穴に入り巣穴から追い出す役目を担うためにミニチュア・ダックスフンドが誕生しました。好奇心旺盛で人懐こい性格から、人気は衰えず、猟の役目がなくなってからも人気を持ち続けています。

日常の世話

猟犬として人間と共に活発に活動していた過去もあり、小柄な体に似合わず運動量は結構なものです。ですがその胴長の体型から、昇降運動や激しい運動は腰に負担をかけ過ぎてヘルニアを引き起こしてしまうことが多々あります。幼いうちから日々の生活環境に配慮しましょう。

気をつけたい病気

シスチン結石、椎間板ヘルニア、ナルコレプシー、類皮種、瞳孔膜遺残、パターン脱毛、耳介辺縁の指漏症、増殖性血栓性壊死、若年性蜂窩織炎、糖尿病、皮膚組織球腫

ミニチュア・ダックス・フンド:特徴・歴史 写真 お悩みQ&A
図鑑トップ猫図鑑犬図鑑