ラブラドール・レトリーバー

ラブラドール・レトリーバー

英語表記:Labrador Retriever

飼い主の命令にとても忠実に従う犬種です。しっかりとしつけをし、それを通してコミュニケーションをとれるようにすることで、ますます関係が深まります。忍耐力もあり、さまざまな職業(盲導犬など)が与えられている犬種です。

  • 特徴・歴史
  • 写真
  • Q&A

身体的特徴

大きさ分類 大型犬
体長 オス/50-55cm メス/55-60cm
体重 オス/30kg メス/30〜36kg
グループ 鳥猟犬
原産国 カナダ
毛質 短くまっすぐで、柔らかい下毛が密集している
毛色 ブラック、黄色、チョコレート
耳の形状 垂れ耳
尾の形状 垂れ尾

ライフスタイル(5段階評価)

初心者適性値
集合住宅
留守番
子供適性値
高齢者
しつけ訓練
スポーツ
警護
レア度
吠える
手入れ
におい
抜け毛
飼育スペース

歴史・起源

祖先は小型水猟犬だったので泳ぐことが得意。当時は頑固な性格でしたが、19世紀後半から改良され、現在では気立てがよくまじめな犬種として知られています。思慮深く賢いため訓練を受けて盲導犬や警察犬、救助犬としても活躍しています。

日常の世話

飼い主のそばで同じ時間を過ごすことが何よりも大切です。小型犬ではありませんが、できるだけ室内で飼育してあげることが望ましく、散歩の回数を多めに取り、ドッグランなどで自由に走り回らせてあげてください。短毛種ですが抜け毛はやや多めです。しかし大きな皮膚トラブルなども少なく飼いやすい犬種です。

気をつけたい病気

脾臓組織球症、シリカ結石、ナルコレプシー、眼瞼外反症、網膜形成不全、股関節形成不全、肘突起癒合不全、ミオパシー、亜鉛反応性皮膚病、ビタミンA反応性皮膚症

ラブラドール・レトリーバー:特徴・歴史 写真 お悩みQ&A
図鑑トップ猫図鑑犬図鑑