ボストン・テリア

ボストン・テリア

英語表記:Boston Terrier

家族に対する愛情が犬一倍強く、本当に愛情深い犬種です。体は小さめですが、番犬としても役に立ちます。この犬種は甘えん坊の一面があり、飼い主と一緒に過ごす時間が何よりも大切です。そうでないとストレスがたまり、それがきっかけでやや凶暴な一面が出てくることもありますので注意しましょう。

  • 特徴・歴史
  • 写真
  • Q&A

身体的特徴

大きさ分類 小型犬
体長 オス/28-38cm メス/28-38cm
体重 オス/7〜9kg メス/7〜9kg
グループ 家庭犬 、 愛玩犬
原産国 アメリカ
毛質 なめらかでつやのある短毛
毛色 口さきのまわり、目の間、首などに白斑があるブリンドル、シールまたはブラック
耳の形状 コウモリ耳
尾の形状 螺旋尾

ライフスタイル(5段階評価)

初心者適性値
集合住宅
留守番
子供適性値
高齢者
しつけ訓練
スポーツ
警護
レア度
吠える
手入れ
におい
抜け毛
飼育スペース

歴史・起源

19世紀後半にブルドッグとブル・テリアを交配して作り出された、アメリカで3番目に古い犬種です。当初は闘犬でしたが、その後小型化され現在の姿になりました。「アメリカ犬界の紳士」という異名をもつほど穏やかで思慮深い性格です。

日常の世話

飼い主との遊びや走り回ることが大好きな犬種です。短頭種特有の暑さに弱い部分は常に忘れずに、季節に合わせてケアしましょう。ブラッシングなどで被毛のお手入れにい時間がかかることは少ないでしょう。1日に2回以上の散歩を15〜20分してあげてください。できるだけ動かしてストレスをためさせないことが大切です。

気をつけたい病気

短頭種気道閉塞症候群、軟膏蓋過長症、第三眼瞼腺逸脱、急性角膜水腫、パターン脱毛、軟調、肥満細胞腫