大切な家族の一員のペットのために。もしもの時のために備えていますか?あんしんペット保険選び

  • ペット保険とは?
  • ペット保険選びの比較ポイント
  • 申し込み手続き
  • 保険金請求の流れと必要書類
  • ペット保険 用語集
  • ペット保険 よくある質問Q&A

ペット保険の選び方

毎月支払う保険料を無駄にしないためにも、どのような保険を選べばいいのでしょうか?
ペット保険を検討する際には、どのような会社が経営していて、加入できるペットの種類や年齢制限の有無などを調べます。
毎月の保険料や補償内容を確認し、いくつかの商品を比較して、補償のメリットを知ってから選ぶようにしましょう。

ペット保険のメリットとデメリット

数年前まで「共済」として運営されていたペット保険会社も、2006年の法改正により、会社の規模によって大きく2つに分類され、金融庁の監督下におかれることになりました。

  • 「損害保険会社」(最低資本金:10億円、参入条件:免許制) ※現在は2社
    損害保険契約者保護機構に加入しているため、万が一破綻があっても保険金が補償されるようになっています。
  • 「少額短期保険業者」(最低資本金:1000万円、参入条件:登録制)
    少額・短期・掛捨ての保険に限定され、保険期間も1年もしくは2年です。

補償の種類

  • 定率補償型
    治療費に対して決められた一定割合(50%など)を補償する保険
  • 定額補償型
    治療費に対して決められた一定額を規定額内で補償してくれる保険
  • 実額補償型
    補償の範囲内で、実際にかかった治療費を実費負担する保険

さらに通院や入院補償で知っておきたい点は、「支払い限度額」と「支払限度日数」です。
保険給付金は1回の支払限度額や年間の支払回数が決まっているものもあります。手術補償も同様です。検討の際にはどれだけの補償が受けられるかチェックしましょう。
また、保険が適用されるまでの待機期間や補償が受けられるかどうかの加入条件、補償に加えられる特約も知っておくと検討しやすくなります。

実際にペット保険を比較してみよう!

ペット保険資料一括資料請求