大切な家族の一員のペットのために。もしもの時のために備えていますか?あんしんペット保険選び

  • ペット保険とは?
  • ペット保険選びの比較ポイント
  • 申し込み手続き
  • 保険金請求の流れと必要書類
  • ペット保険用語集
  • ペット保険 よくある質問Q&A

ペット保険に関するよくある質問をまとめました。ペット保険の疑問を解決しよう!

加入に関する質問

加入できるペットの種類はありますか?

犬・猫を対象している保険会社がほとんどですが、鳥、ウサギ、フェレット、爬虫類なども対象としている保険会社もあります。

犬の種類で保険料は変わりますか?

犬の場合は犬種や体重などによって保険料が変わります。また、犬以外のペットは加入年齢によって保険料が変わります。

ミックス犬なのですが、どの保険料分類になりますか?

体重によって分類されます。保険会社によって対応が違いますので、保険料比較表を確認してみてください。

新規契約で保険加入の場合、年齢制限はありますか?

保険会社によって契約できる年齢の範囲が違いますが、10歳〜12歳位までが一般的です。継続契約の場合は、18歳〜終身まで保険加入できるものもあります。

年齢がわからない場合はどうすればよいですか?

動物病院で健康診断を受け、歯の状態などから推定年齢を確認してもらいましょう。

盲導犬や介助犬は保険に加入ができますか?

できます。身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)は保険加入できます。
 (販売用、興行用、闘犬、猟犬の場合は加入できません)

ペット保険を申し込むときに必要なものは?

基本的には申込書と告知書で加入できますが、保険証券を作成する際に必要なペット写真やペットの個体識別の際に必要なDNA鑑定用の毛根(ブラッシングの際に抜けた被毛)、年齢確認の資料となる血統書やワクチン接種証明書などの提出を求められる保険会社もあります。また、6〜7歳以上のペット加入になると健康診断書の提出を求められる場合もあります。

ペットの保険料が割引になる制度はありますか?

多頭割引やマイクロチップ割引、インターネット割引、無事故割引など、いくつかの割引制度を用意しています。割引制度は保険会社によって違いがあり、複数の割引を同時に利用できる会社と、そうでない会社があります。

保険料の支払方法は?

たいていの保険会社は口座振替とクレジットカード払いを用意していますが、口座振替のみの保険会社もあります。

保険料は一括で支払うことができますか?

保険料の支払は年間一括払い(年払い)と分割払い(月払い)を選択することができます。

現在病気の治療中ですが、保険加入することはできますか?

基本的には健康であることが条件ですが、「特定疾病(部位)不担保特約」(治療中の病気などを保険対象外とする)をつけることで、加入できる場合もあります。

契約後、保険開始はいつからになりますか?

保険会社によって保険開始日が違います。特に病気の場合は待機期間(免責期間)がありますので、契約日から補償が適用されるということではありません。

どんな特約がありますか?

損害賠償責任特約や葬祭保険金特約(セレモニー特約)、ガン診断特約などを用意している保険会社があります。基本契約に特約をつけることで、手厚い補償を受けることができます。

ペットのガン保険はありますか?

人とおなじようにペット達もガンの発症率が高くなってきています。
ガンも病気なので、保険の補償対象になります。
ガンの治療費は高額になるケースも多いので、ガンと診断された場合に一時金が支給されるガン診断特約やガン手術特約など、手厚い補償が用意されています。

実際にペット保険を比較してみよう!

ペット保険資料一括資料請求