• HOME>
  • SPECIAL 特集>
  • 映画「犬のおまわりさん てのひらワンコ3D」クリアファイルプレゼント

単身赴任中、犬に居場所を奪われた!お父さん、ピンチです!!

とある平和な町の交番に運び込まれた、ゴールデンレトリバーの赤ちゃん。
迷い犬は、「生きた落し物」。
しかも法律的には、交番では犬を預かれない。
自称犬好きの新米おまわりさんは、自宅で飼おうと思いつく。
しかし…子犬の飼育は、想像以上に悪戦苦闘の連続だった…



親子で見て癒されて下さい。  フサフサの子犬の3D映像で、忘れかけていた「優しい心」を思い出す。

本作の主役犬は、「チョボ」「チョコ」「チョロ」と名付けられた、生後40日弱のゴールデンレトリバー。そのあまりにも愛らしい姿は誰もが頬を緩ませます。でも本当に大事になのは、生命の温もりを感じる事。軽い気持ちで犬好きと言っていた新米おまわりさんが、子犬と触れあい、迷い犬の殺処分などの問題と向き合う姿を通して、少しずつ成長していきます。

迫力や臨場感とは違う、3D技術が持つ一面。

それは「ぬくもり」や「肌感」。

仔犬のフワフワな体毛、ピンと立ったヒゲの1本1本や、鼻をなめる舌、 肉球のふくらみまで、手に取るように見ることで、生き物に命を感じます。 じんわり心に響くストーリーと癒し映像で綴る、 「命の取り扱い」を描いた、初めての3D犬映画です。



愛沢健(中尾明慶)は、まだ新米のおまわりさん。田園風景が広がるのどかな町に勤務している。毎日事件も無く、退屈な日々。 同僚の先輩、瀬田(川原和久)には平和が一番じゃないかと諭されるが、 健は不満だった。

ある日、少年が交番にゴールデンレトリバーの赤ちゃんを連れてきた。
「チョボ」と書かれた首輪をしている。
遺失物法が改正されて以来、交番では犬は預かる事が出来なくなったことを知る健。

保健所の愛護センター職員、伴貴美子(中村ゆり)が引き取りに来る。
ただ、センターに預け、犬の引き取り手が現れない場合は、1週間で殺処分されてしまう事を聞かされる。
「たった一週間で…」
気が付くと、健は子犬を、自宅に連れて来てしまっていた。
しかも自分の部屋はペット禁止のアパート。
警察官という立場に迷いながらも、健は大家さんはバレない様に隠れて飼う事を決めた。

しかし、初めて犬を飼う健は子犬に翻弄されっぱなし。
しかも、「チョボ」の兄弟、「チョコ」「チョロ」が見つかり、 子犬3匹の面倒を一度にみることになってしまう・・・

映画「犬のおまわりさん」

[ 映画概要 ]

「犬のおまわりさん てのひらワンコ3D」
8月27日(土)より全国フル3Dロードショー
(c )2011「犬のおまわりさん」製作委員会
出演:中尾明慶 川原和久 中村ゆり ひぐち君(髭男爵)山田ルイ53世(髭男爵)/伊藤裕子 蛍雪次朗
監督:「有馬顕(『ねこばん3D とび出すにゃんこ』)
主題歌:「one on one」高橋直純(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント)
原作:「犬のおまわりさん」(竹書房刊)著・柳雪花/原案・永森裕二
企画・配給:AMGエンタテインメント
2011年/日本映画/カラー/68分/フル3D映画/ビスタサイズ/ステレオ

映画「犬のおまわりさん てのひらワンコ3D」公式サイト
PRSENT! 映画「犬のおまわりさん てのひらワンコ3D」
特製クリアファイル 2名様にプレゼント!
応募締切:2011年9月15日 ご応募はこちらから
※当選は発送をもってかえさせていただきます。
※当キャンペーンでご入力いただいた個人情報は、今回のキャンペーンの当選のご報告のみに利用いたします。

おすすめ商品